カードローンは派遣でも利用可能

【予想外の出費に対処する方法】

予想外の出費は、誰にでも生じ得ます。家族が病気になって医療費が増えたり、突然仕事を解雇されたり、冠婚葬祭が重なったり、子どもの養育費が増えたりと、様々な状況が考えられます。私はまず、物を売ります。

家の中にある家具やバッグ、靴や洋服、小物やアクセサリーなどです。持っているアクセサリーの中で、金があるなら、とても高く売れます。ブランド商品も、状態が良かったり、人気がある物であれば、高く買い取ってくださいます。

また、同じ商品でも、買い取ってくださるお店によって、査定金額に違いがありますので、何軒か調べておくなら、損をしません。物を売るなら、家の中が整理でき、片付きます。

また、持っていて、使っていない物を有効活用できます。物の維持管理に使っていた、時間や、費用や、労力を減らすことができます。次に、加入している保険の、割戻金を請求します。

家族の、それぞれの保険の、割戻金額を確認します。保険によっては、支払ってくださる月が決まっているので、事前に調べておくなら、支払ってもらえない、という事態を避けられます。割戻金は、少額であっても、毎月たまっていくなら、1年でかなりの額になりますし、家族みんなの分をまとめると、意外にまとまった金額になります。

さらに、定期の解約をします。いくつかの定期があるなら、ひとつづつ解約します。銀行によって、利息が違いますので、利息の低いものから解約します。

さらに、消費者金融を、利用する時もあります。金融会社を選ぶ時は、利息の少ない会社、信頼のある会社を選びます。信頼できるかどうか、調べておくなら、安心して借りることができます。

私は派遣勤務なんですが、カードローンは派遣でも利用する事が出来ますからね。【派遣社員でも借りれるカードローン

そして、親に借ります。毎月、返す金額や期間を決めて、守るようにします。家族だからといって、甘えることはしたくありません。最後は、持っている車を売ります。移動する時には、徒歩や、バスや、タクシー、電車などの、交通機関を利用することができるからです。

【急にお金が必要となった時あなたならどうしますか?? 】

急にお金がなくなった!・・・・・。ドキドキな事ですね。
基本的に、他人に借りることはできません。

家庭もあります。他人にお金が無いそぶりなど見せれません。(世間的には貧乏そうには見えないはず(笑)))

そして、子供通帳には手をつけたくないですが、とてもじゃないけど貯蓄も無い!貯蓄=学資保険・生命保険という考え方なので・・・。

現金がどうしても!というときは、金融にかりるくらいなら、子供の通帳に手を着けます。絶対返すことを前提に!です。

親族からもらったお年玉。誕生祝い等は子供通帳に積立?入れていますのでそこから拝借。
なんといっても金利は返済するときの送金手数料のみです。安いものですが・・・・・返済の予定が・・・・(笑)

賞与(ボーナス)で何度かに分けて返済となると思います。
ローン等の金貸しに借りてしまうと果てしなく金利が付いてきます。

住宅ローン・カーローンすべてローンなのでローン地獄はよくわかっています。
住宅ローンなど初めの10年は金利の返済のようなものです。

カーローンも同じくです。金利が無いところから出すのが一番!

あと生命保険ですが、変額保険を掛けていますので、投資信託のようなもので年金額と呼ばれる増減部分がありその増加部分を引き出してしまうときもあります。

いまのところ、年間10万くらいなら使用できるだけ増加があるので少しくらいのときはこちらを出金してしまいます。
情けない話、普通の通帳には日々生活費が引き落とされていきますので大変です!

カード支払いなら最長2カ月先に支払いになりますのでなんとかなりそうですけど・・・火の車ですね。
貯金はこのご時世、一部の人間を除けば難しいですよね。日々毎日働いていても難しいです。

いざというときは、言えないけれど子供の通帳より拝借するのが一番痛手を負わずにすみます。
ごめんなさい!という罪悪感はありますが、今のところ100%返済できておりますので(笑)

今後子供が大きくなればそれどころではなさそうですが・・・・・。
とりあえず、金利は注意し!痛手は最低限で!が基本ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>